<< <iPS細胞>遺伝子やウイルス使わずに作成 米大が成功(毎日新聞) | main | チリ巨大地震 津波「3メートル」予測 気象庁「過大だった」(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


松尾由美子

松尾 由美子(まつお ゆみこ、1979年8月9日 - )は、テレビ朝日アナウンサー。身長155.8cm。宮崎県宮崎市出身。宮崎県立宮崎西高等学校→慶應義塾大学総合政策学部卒。人物・概要テレビ朝日が創設したアナウンサー等養成機関テレビ朝日アスクの第2期卒業生であり、アナウンサー採用試験はキー局・準キー局・地方局を含めてテレビ朝日のみ受験し[1]、内定を得た。2002年4月入社。アナウンサーとしての活動2002年7月からの1年間、研修終了後の初レギュラー番組として、日曜早朝の自局広報・自己批評番組『はい!テレビ朝日です』の進行役を担当する。その他入社1年目には『朝いち!!やじうま』のやじうま探検隊を経て、2003年1月から早朝のニュース情報ワイド番組(『やじうまプラス土曜版』)のメインキャスター、さらに2年目の2003年6月からは、前年度から特集コーナー「激戦区」のリポーターとして出演していた夕方のニュース情報ワイド番組(『スーパーJチャンネル』)のフィールド兼サブキャスターとしてレギュラーとなる。2009年10月からは、やじうまプラス土曜版の後継番組である『地球まるごとTV』のメインキャスターを引き続き担当することになり、現在まで朝夕のワイド生番組を掛け持ちしている。なお、一年に数週間ほどは同日に両ワイド生番組を担当している。また、入社以来一貫して報道情報局の製作番組のみをレギュラー担当をしてきた。フィールドを兼任している「スーパーJチャンネル」内では、アナウンサーとしてニュース原稿を読む役割のほか、通常は社会部や経済部、政治部の記者が担当する取材活動を自ら行っている。災害報道への拘り2004年10月23日に起きた新潟県中越地震では、在京キー局のアナウンサーでありながら直ちに特派員として震災直後の被災地へ現地取材に赴き、数日間に渡り被災状況を生リポートした。2005年9月には台風14号が直撃した直後の地元宮崎県の広域を、自前のビデオカメラと実家の自家用車を使用し、姉とともに被災状況を自主的に単独取材、スーパーJチャンネル内の特集枠で採用され放送された結果、第4回ANNアナウンサー賞「原稿のないもの部門」で優秀賞を受賞した(後述)。2006年9月には、前々年の続編として新潟県中越地震から復興した旧山古志村(現・新潟県長岡市)をテーマにした特集を企画・取材し、山古志村の復

<盗撮>容疑の機動警察隊長を逮捕 北海道警(毎日新聞)
野良カンガルーの足跡!?撮った!…宮城県大崎市(スポーツ報知)
元タクシー運転手を殺人で再逮捕 警視庁 (産経新聞)
<センター試験>追試験始まる 972人対象に 31日まで(毎日新聞)
2度目の新婚旅行は“乗り鉄”で 計88歳以上の夫婦限定「パス」(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 11:16
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
副業
クレジットカード現金化
自己破産
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
出会いランキング
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM